STONESフリークの皆様のための、STONESしか売ってないお店 です。
ホームDAC2018リリースTHE ROLLING STONES-GET YOUR KICKS
商品詳細

THE ROLLING STONES-GET YOUR KICKS [DAC-185]

販売価格: 3,200円 (税込)
[在庫あり]
数量:

THE ROLLING STONES / GET YOUR KICKS (1CD)



1965年4月18日のフランス、パリのオリンピア公演を、オープニングからエンディングまで丸ごと収録した、

ブライアン・ジョーンズ在籍時の代表的な超有名音源です。コピーライト切れのグレー・ゾーンを突いて

コーダ・パブリッシング等の数社からこのオリンピア公演が複数発売されていますが、いずれも

「ALL THOSE YEARS AGO」(VGP-079)、「A ROLLING STONE GATER NO MOSS」(VGP-101)からコピーされた音源が

使用されています。とは言っても、それらのリリースでは「OFF THE HOOK」のイントロ前にオリジナルCD

には無かった微小な音飛び/カットが見受けられたりしますから、恐らくインターネットでダウンロードした

音源から安易に制作されたものなのでしょう。本音源にはAM放送をラジオ・スピーカーからマイク越しに

オフライン収録したソースAと、ラジオ局のアーカイブからリール・トゥ・リールでコピーしたものから再生した、

きちんとしたオンライン音源のソースBの2種類が存在しています。ソースAはこのこのショーを初めて登場

させたLP「ANDREW'S BLUES」(IMP-1126)で使用され、1970年代半ばに発売されていました。その後幾度

となく形を変えてリリースされ続け、CDブートのごく初期までこのエアチェック音源はポピュラーな音源でした。

オンラインの優秀なソースBを初めてCDリリースしたのはVGPで、「ANDREW'S BLUES」(VGP-006)として

1994年にリリースされ、すぐにシェイブド・ディスクによる丸コピー盤が出回るといった事態も起こりました。

「CAROL」のミックの煽りのMCの時に録音しているマイクがスピーカーに当たってカタカタいうノイズが無いので

あれっ?と思ったマニアの方も多かったことと思います。その後VGP/DACの系譜の中で「ANDREW'S BLUES」→

「STILL I'M GONNA MISS YOU」→「ALL THOSE YEARS AGO」→「A ROLLING STONE GATER NO MOSS」→

「REELIN' AND ROCKIN'」→「THE PARIS MATCH」というアップグレードの流れの中で、VGP時代のタイトルは全て

ソールド/廃盤となっていることからも、この音源の人気ぶりが伺われることと思います。終始キースのギターの

チューニングは悪く、ミックのボーカルもモニターの無い時代ですので、「ガットライブもスタジオで修正が

無ければ実際はこの程度か」というくらいの音程の不安定さ、というのが正直なところです。しかしながら

そのような悪環境の中で爆発する若さと無鉄砲さが、この時期のストーンズの大きな魅力であり武器であった

ことは、ファンの皆様にはもはや周知のことでしょう。今回のリリースでは1982年発売のLP

「GET YOUR KICKS」(MONA RECORDS)を意識した造りとなっており、パリ65、BBC64、65の各音源より

選りすぐったベスト・ソースでのライブ・コンピレーションとなっています。パリは90年代後半以降にFMで

何度か再放送されており、演奏曲の半分程度はエクセレントな音質のものが存在していますが、今回は単一音源

での極限までのアップグレードということで、再放送版と比べてもほとんど遜色のないレベルにまで到達しています。

もちろん元がアナログ収録のものですのでヒスノイズがゼロとまでは行きませんが、「CAROL」や

「IT'S ALL OVER NOW」のキースのリードギターのバックに聞こえる、チャーリーのトップ・シンバルの高音の

鮮烈さにマニアの方は思わずニヤッとしてしまうこと請け合いです。64年のBBCジョー・ロス・ショーは

「GET YOUR KICKS」のオリジナルLPが音源の初登場でしたが、ここではオープニングの「NOT FADE AWAY」を追加し、

曲間のMCも今回初登場部分の多いコンプリート版で収録。「HI-HEEL SNEAKERS」は既存の音源では欠落していた

イントロと1番歌詞の部分も全て聞けるようになりました。65年BBCは、オリジナルLPでは「オー・ベイビー」

と「クモとハエ」の2曲のみの収録でしたが、収録スペースの空きを利用して、同2曲のソース元である

「TOP OF THE POPS」ラジオショーのトランスクリプション・ディスク原盤から、どうせならとアーカイブ保存版

全曲の9曲を全て収録しました。もちろん曲間のトークも未編集で音質も最高です。ブライアン期で何か一枚いい

タイトルを、と思っている初心者の方や、パリ65なら百戦錬磨だ!という超マニアの方までオールマイティに

お薦めのニュー・リリースです。