STONESフリークの皆様のための、STONESしか売ってないお店 です。
ホーム1969-DACTHE ROLLING STONES-BRIAN, COME BACK YOU BASTARD! 【2CD】
商品詳細

THE ROLLING STONES-BRIAN, COME BACK YOU BASTARD! 【2CD】[DAC-164]

販売価格: 5,000円 (税込)
[在庫あり]
数量:
ROLLING STONES/BRIAN, COME BACK YOU BASTARD (2CD)

'69年7月5日にロンドンのハイド・パークで開催された

新メンバー、ミック・テイラーお披露目のフリーコンサート

を収録したもので、期せずしてブライアン・ジョーンズ追悼

のライブとなってしまったあまりにも有名な公演です。

本ライブは英グラナダTVの撮影隊によってシューティング

されており、50分ほどのドキュメンタリー番組も現存します。

DISC-1には'79年に公演から10周年を記念しニューヨークの

FM局でオンエアされたライブ特番を番組丸ごと収録しています。

この放送がされる以前は'69年ハイドパーク音源はTV特番でオンエア

された数曲分のサウンドボードと1種類のオーディエンス音源

によるアナログブートが1枚存在するだけでした。このFM特番

により新たに5曲分のサウンドボード音源が発掘され、それ以外

の曲の音質もTVフィルムのサウンドトラックより格段に向上した

ため、このFM特番のオンエア直後にこれらのサウンドボード音源を

流用したアナログブートが雨後の筍の如く多数リリースされました。

DISC-1ではその番組全体をカットなしで収めMC部分、曲のイントロ、

曲のエンディング後の歓声部分等を従来の盤より長めに収録して

います。「STREET FIGHTING MAN」も従来盤では全てイントロが

カットインスタートしますがここで聴けるものはアナウンスが

被るものの曲の頭からコンプリートに初収録されていたり、

「MIDNIGHT RAMBLER」も間奏部分で約40秒ほどナレーションが

被りますがこのバージョンのきちんとしたテープソースからの

CD化は意外にも初めてだったりします。音質もビルのベース音が

強めのバランスなのは従来からですが、マスターのジェネレーション

が若いためリミッターのせいでベース音に埋もれていた音量ピーク部分

も綺麗に聴き取れるようになりました。テイラー期唯一と思われる

「MERCY MERCY」、4ケ月後のUSツアーからは本公演よりテンポを

落としてやたらとヘビネスを強調するようになった「STRAY CAT BLUES」

のライブ初演、スタジオ版録音以前のライブ初演となる「LOVING CUP」

等、ストーンズのライブ歴の中でもとりわけ異彩を放つセットリスト

となっている点が興味深いです。DISC-2のTRACK 1〜10には2013年

のハイド・パーク公演を収めたCDと映像セットのボーナスDVDとして

付属したグラナダTVのフィルムのレストア映像用に新たに作成された

同公演のステレオ・ミックスを収録。フィルムの演出上の理由で曲中

カットの多い内容ではありますが、耳慣れたライブ音源のリアル・

ステレオ化はファンには喜ばしいことでしょう。2006年にリマスター版

と銘打ってリリースされた映像からアップコンバートされているよう

ですが、この「リマスター版」は英国規格PALの1秒25フレーム換算

のスピードのものを1秒24フレーム換算のNTSC規格でトランスファー

されてしまったようで、せっかく未発表の3曲分のボーナストラックを

加えた意欲的な内容であったにもかかわらず、「ピッチが正常であった

従来版より半音ほど速度が遅い」ということで敬遠されてしまい、あまり

好セールスには至らなかったようです。今回の新規ステレオミックスは

このピッチの遅い2006年版の映像に音声をシンクロし、下がった音程を

電気的に半音ほど上げて収録してあり(現在のカラオケのテンポそのままで

キーを歌い手に合わせて自由に変更できる技術に因るものでしょう)

音程は正常なのですが、テンポが2006年版の遅いままの収録となっており、

今後この映像にこれ以上のレストアが施されることも恐らくないでしょうから、

珍ミックスと言いますか、25フレーム換算の新規トランスファーが行われ

なかったのは結果としてやや残念なことと言わざるを得ません。ただ

グラナダTVのエンジニアが英パイ・レコード社のモービル・ユニットの

8トラックマシンで収録(立ち上げたばかりのROLLING STONES MOBILE UNIT

で収録したとする説もある)したというマルチ音源からのリミックス音声は、

上記のような疑念を吹き飛ばすような素晴らしい音質であることは確かです。

ブライアンが好きだったという理由でセットリストの1曲目に選ばれた

ジョニー・ウインターのカバーの「I'M YOURS AND SHE'S MINE」は最高です。

続くTRACK 11〜15にはTVフィルム及びFMオンエアでは漏れてしまった楽曲

あるいはTV放送で細かく編集され短縮版となってしまった曲を未編集の良好な

オーディエンス音源よりリマスタリング収録しました。SCORPIO GOLD STANDARD盤

「IN THE PARK」と同じオーディエンス音源でありますが、ロージェネのテープ音源

より落としており、なぜかスコルピオ盤で異様に頻発していたプチプチプチという

曲中のデジノイズもありません。ラストには収録日は異なりますが同年12月6日

のオルタモント公演より「LOVE IN VAIN」の珍しいモノ・サウンドボード音源を

追加収録しています。DISC-1の楽曲部分のアップグレードや、所々初めて聞くことの

出来るスタジオでの男性アナと女性アナの間で交わされる主にTVフィルムのサウンド

トラックを効果的に使用した公演当日の回想や、DISC-2のステレオミックスの

フィジカルな初CD化等ややマニアックな内容ではありますが、TSP盤の

「HYDE PARK 1969」やVGP盤の「IN THE PARK」等の演奏曲順に沿った編集盤が

なぜあのような形の編集となっていたのかをも伺い知ることが出来るマニアの方には

大変興味深いボリュームたっぷり(DISC-1が約80分、DISC-2が約77分収録)の良質盤

と言えます。