STONESフリークの皆様のための、STONESしか売ってないお店 です。
ホーム1969-DACTHE ROLLING STONES - WESTERN AFFAIR VOL.1(2CD)
商品詳細

THE ROLLING STONES - WESTERN AFFAIR VOL.1(2CD)[DAC-124]

販売価格: 5,700円 (税込)
[在庫あり]
数量:
'69年USツアー2日目のロサンジェルス、フォーラム公演を昼夜2公演完全収録。内容はAnother 「LIVER THAN YOU'LL EVER BE」とも言えるもので、両公演ともTMOQの創設者であるダブ・テイラーによる録音です。セカンドショーは色々なレーベルより様々な形でリリースされていますが、DISC-1のファーストショーはCDリリースも少なく、今回のリリースでは過去盤よりもロージェネレーションのマスターを使用してヒスノイズの少ない聴きやすいリマスターサウンドにて登場。ボーカルはやや遠目ですがドラムスはかなりオンで収録された独特のバランス感で、音の印象はやはりダブの音源であるフェニックス公演に近い感じです。随所でPAのハウリングが発生したり、演奏自体がリハーサル然とした感もありますが、貴重なツアー第2公演目の音源です。DISC-2は最近DACよりOBRマスターを使用して単品リリースされたセカンドショーで、OBR音源とは異なるTMOQ音源です。OBRソースがキースのギターが大きめのワイルドなバランスであったのに対し、このTMOQソースでは全体のバランスが取れたよりクリアーな音質に仕上がっています。やはり「LIVER〜」と同様にウーヘルのリールレコーダーとゼンハイザーのショットガンマイクで収録されただけあって、この年代の音源としてはケタ違いのクリアーな音質です。セットリストもファーストショーより2曲増え、「LIVER〜」のオークランド公演よりキースのギターのチューニングが良く、演奏内容も勢いがあって迫力のある優れたものとなっています。
今回のリリースではOBRソースに収められていたサム・カトラーによるオープニングMC後の歓声よりスタートしますが、TMOQのダブがその位置からレコーダーをスタートさせたという史実を残すため、あえて08Rソースとの継ぎ接ぎ編集は行なっておりません。(STREET FIGHTING MAN終了後の歓声部分はこちらのTMOQソースの方が若干長めに収録されています。)当時TMOQからはオークランドのセカンドショーとサンジェゴ公演がLP1枚ものでリリースされただけで不思議なことにこれらのL.A.公演は―切リリースされず終いでしたが、長期間に渡って処分されずにテーパー本人の元に残されていた貴重なアーカイブ音源を本作でお楽しみ下さい。