STONESフリークの皆様のための、STONESしか売ってないお店 です。
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:38
2018年08月09日

お待たせしましたー。
LIVE'R の ステレオ・マトリックス・ヴァージョン
DACレーベルより、満を持しての、登場でございます!
2018年07月27日

祝。

不死身の男、我らがミック・ジャガー様も、無事めでたく御年75歳の
御誕生日をお迎えになられまして、感嘆至極、驚嘆無類、万々歳。

オリジナルのニュー・アルバムやら、ラブ・ユー・ライブDXやら、
はたまた、いま再びの来日公演やら・・と、勝手気ままに待ち焦れる今日ですが、
殺人的酷暑のほんの一時の中休みをついて、ようやくDACレーベルからも
新作の便りが届きました。 我撫下胸(涙)

詳しい内容につきましては、どうぞインフォを御覧あそばせ・・・・と、ゆうより
皆さん、もうよく御存じの・・・いわゆる、おなじみ、の・・・・(汗)ですね。

明日は台風、来週からはまた激暑。
ブートでも聴いて、どうかくれぐれも御自愛のほどを。

現場からは、以上です。

。。。。。否!以上、ではありませんでした!(笑)

御存じ、GERMANYの老舗、OBRより2種類のアナログ盤が入荷予定。とのこと。

タイトルは「BIRD‘S VAULT VOL.1」 と「VOL.2」

いずれも1枚モノで、盤は赤と青緑のカラー盤。
DAC既発タイトルのVIRCHOV TAPE、Too Much Blood、ALL ABOUT YOU等と
若干内容の被る選曲のようですが、上記のCDに未収の新テイクも豊富に含んでいるようです。

「おすすめ商品」のコーナーにジャケ写と、IORR の記事より抜粋した初登場部分の
解説(イングリッシュ)を掲載しておきますので、興味ある方は是非ご覧になってください。

もちろん、針起こしで音源がアップロードされてどこかからCD化されるかも知れませんし、
オリジナル音源自体がダウンロードでリークされる可能性もあります。
その点はあくまで御理解のうえ、「やはりアナログ盤がイイ」という方は、お電話ないしは
メールにて御予約下さいませ。

クレイジー・ママ・御予約受付センター 03-3371-1810 受付担当: フジモト

メールアドレスは  info@crazymama.jp

なお枚数には限りがございますので、御希望に添えない場合もございます事
あしからず御了承ねがいます。

現場からは・・・? 以上?
ハイ、オッケーです(笑)






2018年05月17日

昭和48年春、私が生まれて初めて完コピした音楽が、貴殿の「情熱の嵐」でした。

歌詞もメロもアクションも完璧にモノにして、休み時間になるとホウキをマイクに
教室の後ろで熱唱・熱演し、女子の気を引こうと躍起になっていたションベン小僧にとって
貴殿の存在はまさに「神」であり、あの1曲こそが、私に音楽という宇宙の扉を
開けてくれた恩人であり、それはまさしく’衝撃のビッグバン’
すべてのはじまりだったのです。

そのままバリバリの歌謡曲キチガイへとシフトしたこのガキは、
フォーク・ニューミュージックの世界を経て、ビートルズへ、そしてロックへ、そして・・・・

私の部屋のベッドの枕元には、ずっと一枚のポスター(笑)が貼ってありますが
それはミック・ジャガーでもキース・リチャードでもジミ・ヘンドリックスでも
大原麗子でも小柳ルミ子でもキャンディーズでも大谷翔平でもなく、
貴殿の大ヒット・ナンバー「激しい恋」(昭和49年)のシングル盤のジャケットです。

すっかりデジタル化した現代の我が国の、お利口でクールな(笑)アイドルには、
到底真似出来ないであろう、あの目線、あの表情、そして’こぶしの握り’(笑)

見ているこちらが恥ずかしくなり、思わず目を背けてしまうほど強烈な
アナログ感満載の’ほとばしる青春のカタルシス’やいかに!

「愛と誠」の誠役を、地でいけた貴殿の美しく気高き一本気よ!

昭和49年大晦日のNHK紅白歌合戦に於いて、
白組のトップバッターとして登場した貴殿が, 怪傑ゾロに扮して演じた、
スポーツの範疇。。。。もとい、歌謡曲の範疇をはるかに逸脱・凌駕した、
まさに日大殺人タックル的な、常軌を逸したとしか思えないあの
クレイジーなパフォーマンス「傷だらけのローラ」を
ニッポンのお茶の間は、決して忘れないでしょう。

今夜はもちろん、バーモンド・カレーをしこたま用意して
リンゴとハチミツに、涙と感謝をタップリ溶かして、朝まで追悼の歌合戦です。

木本龍雄さん。
私が生まれて初めて覚えた芸能人の本名。
嗚呼、ヒデキ。さようなら。ありがとう。

・・・・んでもって(笑)
お問い合わせ多数の、2002年のリックス・アウト&1969年のライバー
今作ってるみたいですよ。
いつもの’DAC時間’で、近日、リリースの運び。乞うご期待!

♫恋のためなら、恐れはしない~♪ 情~~熱の、あらしよ~~~♫♪

2018年03月23日

ガキの頃はこれっぽちも、なんとも思わなかったし、
やれ開花だ、やれ前線だ、とアジる天気予報を
’なにをいちいち騒いでやがるんだ?バッカじゃね~の?’
くらいに思って見ておりましたが、歳を重ねるにつれ、この季節、
いよいよ咲き始めた市井の桜花に、思わず視線を奪われ、
しみじみと眺めるほどに、なにやら訳もなく涙腺さえ
ゆるみそうになる・・・・。

わたしも立派な大人になったモンでしょう、ねえ、お母さん(笑)
きっとこれが、「トシをとる」ってことなんでしょうねえ。

なにやら昨今は「エア花見」とかぬかす、戯けた風習が流行らしいが
なぁ~にをふざけた事言っとるんだ、この不届き千万モノどもめが!

「オンナは生身、花見は現場、ポン酒は辛口、キースはテレキャス」

って、昭和の昔から相場が決まってんだよ。ソーバが!

「さみぃさみぃ~」って言いながら、あやしい空模様を気にして
ゴザのうえで、紙コップで菊正宗飲みながら、冷えた稲荷ずしつまんで
ラジカセでアンダー・カバーを聴いて泥酔して、満員行列の公衆便所の裏で
ようやく立ちションして、ブルッと震えて、ちょっぴり酔いが冷める(笑)

。。。。これが、お花見の正しい有り方でしょうが!

勝手に改ざんすんじゃねえよ(笑)
液晶大画面で桜サマの映像眺めて、OLとワインとか飲んでるんじゃねえよ。
(ああ、適温の室内のガラスのテーブルでOLとワインが飲みた~い(涙))

否、わたくしも今夜は五分咲きの柏木公園あたりで、かじかんだ指で
キクマサ喰らって、アンダー・カバーで泥酔して、明け方に新宿警察の
若造のおまわりに職質されて補導されて説教されて土下座して謝罪して
昼前に釈放されて、富士そば小滝橋通り店でミニカレーセット食って、
13時に店開けて、DACの新作を100枚売ることにします!

そういえば、以前、確かLICKSの時だったか、来日中のストーンズ御一行様も
宿泊先の目白のフォー・シーズンス・ホテルの横の神田川を貸切りにして
(・・・っつうか、だいたい「川」って貸切りに出来るの?(笑))
花見して、みんなでアンダー・カバー聴いて大いに盛り上がった、
って話が話題になってましたよね。
特にミックは桜の美しさに心奪われて、って。。。絶対ウソだと思うけど(笑)

チェリー・ブロッサム。ニッポン。春。アンダー・カバー。

PS: 「エッ?ALL ABOUT YOU ってエモレスじゃないの???」
   ・・・・・わ、わかっていますよ、そ、そんなこと!(汗)



2018年03月09日

そもそも、大枚はたいてワクチンとやらを打ってるのに
正月早々B型とやらになった時点で、??? 医療不信・・・・。

「ああ、そうか、俺が打ってもらったのはA型用だったんだな・・・」
と、ようやく納得しかけた矢先。

巷では、春の嵐。卒業式。第二ボタンをとったとられた、で華やか&賑やかな
弥生三月だっちゅうのに、今さらの、まさに流行遅れの(笑)
まさかのA型宣告を頂戴いたしました~♪

ベイベ、ベイベ、教えてっくれー、こんなコトってあるのか~い♪

もう今年からはワクチンなど打たん。タミフルも飲まん。
あの注射一本分で、DACのCD一枚買えるじゃねえか!

無慈悲なウィルスの野郎に蹂躙され尽くし、
ヘロヘロになったカラダを引き摺って
先程久しぶりに我が’気狂い母商店’の暖簾をくぐってみると
なんと、なんと!
犬猫印のなにやら妖し気な新しいブツが段ボール一杯に
詰まって置いてあるじゃあございませんか!

というわけで、今日はこいつをアップして帰宅・飲酒(笑)・睡眠。
明日・明後日の千客万来に備えます(笑)


2018年02月22日

・・・んっだっってさああ、これわあ、ロックンロール・ショウ。
ロックショウ!オオ~、カミサマ~~~♪

オランピア作らせたら、ウチの右に出る者も
左に出る者もおらんでしょう(自慢)。

DACの新作、「GET YOUR KICKS」

だいたいウチは’著作権’とやらの切れる遥か昔の20世紀から、
グレーじゃなくて、正真正銘のブラック・ゾーンのド真ん中で(笑)
このせんべいを焼き続けて来たのであります。

そんじょそこらのアルファベット3文字あたりとは
年季が違うんだよっ、年季が!!!
根性が入ってんだよっ、コンジョーが!!!
(攻撃的、ブート屋っぽいでしょ(笑)たまにはさ、俺もさ(笑))

この期に及んで、まだドーピングしてる(笑)ロシアのキミ、
見上げた心掛けだ! それこそ、イイ根性だ!
「根性」って、ロシア語で、なんてゆうんだい?

ウチの新作、聴きなさい。
懲りないモノ同志の(笑)毒を喰らわば、皿まで状態。
線路はつづくよ~♪ど~こま~でも~♪



2018年02月10日

大変、申し訳ございません・・・・。
御存じのように、ブートはNOT・プライスレス・・・・
・・・・どころか、いつも高額な御散財を頂きまして、
本当に感謝・感謝の毎日でございます。

そこで・・・・というのもちょっと違いますが、
このたび、当店通販サイトにおきましても、ついに、というより今更ながら(笑)
クレジットカード決済によるお支払いシステムを導入いたしました。

揃えてナンボ♪ 集めて楽しいブートレグ♪
想い出よりモノ(笑) リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド♪

さあ、コレクターの皆さん!
お手元のVISAカードを、お手元のJCBカードを
お手元のNICOSカードを、お手元のアメリカン・エクスプレスカードを・・・・
縦横無尽に操って、我らがザ・ローリング・ストーンズの
広大で深遠な音宇宙を、隅から隅まで探検しようではありませんか!

また同時に、コンビニ後払いによるお支払も可能となりました。
ドシドシ御利用くださいませ!

次なるDAC新作、近日中(ただしDAC時間の(笑))入荷の予定です。
今しばらくの(ただしDAC時間で(笑))お待ちを!

ガンバレ!ニッポン!
羽生も、小平も、ホントに素晴らしい!鳥肌だ!最高だ!
やっぱ「金」だ。
「金」と書いて、「カネ」だ。
ありがとう、カード社会。 さあ、旅に出ようぜ、ベイビー!





2018年02月09日

DACの新作 「LIVE IN HOLLAND」

ぴょんちゃん五輪の開幕に合わせて、あるいは
バレンタイン商戦を睨んで、もしくは、遂に沈黙を破って
雄弁に語り始めた貴ノ花親方にこたえる形で・・・
・・・・・等々とはおそらく、何の関係も脈略も戦略もなく(笑)
ただ、たまたま、本日のリリースと相成りました事を
皆様にお伝えして、私はただいまより店内清掃に入ります。

多数の御来店・御注文、お待ちいたしております!


2018年01月28日

私事で恐縮ですが、もう30年以上も昔、1986年から足掛け4年間にわたり
新宿3丁目のロック喫茶「ローリング・ストーン」でバイトをしておりました。
時給は600円でした(笑) 千葉の実家から元気に通っておりました。

毎週月曜日はDJも担当しておりました。
私のDJタイムのエンディング・テーマは「ハーダー・ゼイ・カム」でした。
我ながら、イカした選曲だと自負しておりました。ところが・・・・
ある日、誤って 当時すでにそれなりの貴重盤だったそのシングル盤を
DJブースの裏側の隙間に落としてしまい、社長には内緒で
やむなく翌週からは「Till the Next Time ~」に、こっそり変更したものでした。

社長は、まったくどーしよーもないラリパッパなオッサンでしたが(笑)面接時における
新規女子従業員の選択においては、なぜか抜群のセンスを発揮しており(笑)
その恩恵にあずかり?このわたくしも従業員の女の子と、かたっぱしから付き合い、
最後に付きあった当時16歳のパンクな少女が、現在のカミさんです(笑)

だから、入籍したときに登録するいわゆる「本籍地」は
新宿三丁目の旧ストーンのあった住所にしました。
まさに、ふるさと(笑)

あの当時、店はどん底の経営状態で、まともに給料をもらった事は
ほとんどありませんでしたが(笑)お客さんも従業員も、そして社長も
なにせヤンチャの盛りでしたから(笑)毎日毎日、メチャクチャな騒ぎで
なんともエネルギッシュで、ファンキーでデンジャラスな想い出満載の
’ああ青春は燃える陽炎かあ~’・・・・な日々でございました。

退店してからは、ほとんどお邪魔することもなくなってしまいましたが
あの頃、まだ、ほんのチビッコだった社長の娘さんが立派に後を継ぎ
数年前に「旧店舗取り壊し&移転」、の情報を耳にした時は
’あの時、落っことした「ハーダー・ゼイ・カム」は無事に出てきたかなあ・・・?’
などと思いを馳せておりました。

社長!おかげさまで、わたくしも、未だ懲りずに「ローリング・ストーンズ屋」を
やっておりまっせ(笑) 
右も左もミックとキースだらけだよ!
素晴らしい時間と御縁を、本当にありがとうございましたー!

ラリって三途の河で溺れたりしないよう(笑)気を付けて行ってくださいよー!

If You Can't Rock Me, Somebody Will !
頑張ります!!!
                                  ジロー













2018年01月27日

極寒の日本列島各地で、皆様いかに暖をとっていらっしゃいますか?

猛威をふるうインフルエンザに猛威をふるわれ
私も見事にB型を頂戴いたしました。
感染→発症→発熱→タミフル→回復→復活
のプロセスを無事にこなし、久しぶりに店の扉を開けてみると
カウンターのうえに、なにやら見慣れないCDが山積み。

「ま、まさか、こ、これは・・・・?」

なんと、DACの新作ではありませんか!

・・・・って、別にそれ、「まさか」でも「なんと」でもない
極々普通の事なんですけどね(笑) 普通は(笑)

まあ、めでたく今年の口が開いたわけです。
つまり当店にも遅い正月がきたわけです(笑)
今夜は小田急ハルクの明治屋でせしめた「〆張鶴」の純米吟醸で
あけましておめでとう、の乾杯だあ(涙)

かじかんだ指先には、やっぱ熱燗とハイド・パークでしょう。
キースの微妙なチューニングのフライングV で、皆様も
ほっこりと暖をとってくださいませ。
多数の御注文・御来店、お待ちいたしております!
2017年12月30日

お客様各位どの

寒風ますます厳しい折、いかがお過ごしでしょうか?
本年中は多数の御注文・御来店・御愛顧を賜りまして
誠にありがとうございました。
従業員一同(笑)・・・一名、心より感謝申し上げます。

明日大晦日から3日まで、休業とさせていただきます。

来年の干支は、図らずもDOG という事ですので
来たるべき2018年は、DOG n CAT より一枚でも多くの
新作がリリースされ、皆様のお耳元に届きますことを
神様および仏様に切に切に切に切に切に祈りながら、
わたくしも厳かに年を越したい、と考えております。

ストーンズ・フリークの皆様におかれましても
新しい年が、よりローリングなモノになりますよう
念じて止みません。

以上を持ちまして、当店の年末のご挨拶に替えさせて頂きます。

・・・・・とか、なんとか言って、要するに
新作のインフォじゃなくて、本当にすいません!(涙)
こんなんじゃ、お茶も濁りませんでしたね(笑)

それでは皆様、よいお年を!
SEE YOU NEXT YEAR !
HAVE A NICE 正月! LET IT ROCK !




2017年10月21日

先日、都内の某音楽酒場のカウンターで牛乳なんぞを嗜んでおりましたところ
その晩はどうやら「甲斐バンド」ナイト?だったようで、次から次へと押し寄せる
甲斐ナンバーを思わず堪能&悪酔い(笑)

①私が中学生から高校生にかけての頃はヒット曲も連発し全盛を極めていましたし
②ストーンズ・フリークとしては一応押さえておくべき一品でしたし
③個人的にもあの、演歌もフォークも歌謡曲も洋楽ロックもなんでも混ぜ混ぜの
独特のミクスチャーテイストが決して嫌いではなく、アルバムなんかも結構聴いて
おりましたので、大変懐かしゅうございました。

そして甲斐よしひろさんといえば、やはり「パクリ」の世界に於いてもその名を轟かせた方で、
ストーンズ・ファンクラブの会報誌、懐かしの「ストーン・ピープル」の
「パクリ屋を探せ」のコーナーの大常連でもありましたね(笑)

「清志郎の出現によって日本のミック・ジャガーになり損ねた男」などと揶揄され
かなり馬鹿にされた扱いでしたが、甲斐氏の場合、なんといってもスゴイのは
アレンジやメロディではなく、「歌詞」をそっくり引用する、というまさかの荒業(笑)

私が思い出せるだけでも

「お嬢さん、愛なんて~、キスのよ~に儚いものなのさ~」 とか
「舌の上で~燃え上がる~ウソ」 とか
「クリスマス・ツリーに灯がと~もり~」 とか
「みんな黄金に変わる~」 とか 「イエスもノーもありゃしない」 とか
「今しがたオイラ、トーキョーで離婚してきたばか~り~」 とか・・・・

そして、ストーン・ピープル誌上では確か「作詞・ミック・ジャガー」とまで書かれた
圧巻の出来栄えを誇る(笑)これ!

「年老いた~淋しがり屋の~、この少年の気持がわからないのか~」

きっとストーンズ・フリークの皆様には、どこかで聞いた事のあるおなじみの一節ばかりでしょう。

そーいえばタイトルがそのまんまズバリの「荒馬」なんて曲もあったし(笑)
「二色の灯」っていうブルースなんて、完全に「LOVE IN VAIN」でした・・・・

もちろんストーンズ以外にも手広くやって(盗って)いて、ディランやルー・リード、スプリングスティーン
あたりも格好の教材として使用されておりましたが(笑)私が特に好きだったのは

「音楽ってヤツあ、と~てもイカしてーる~。打たれても痛み、感~じないからさ~」 ってヤツ。

これ、ボブ・マーリーの「TRENCH TOWN ROCK」 のサビそのまんま(笑)

さて、そんな甲斐さんにレスペクトを表しまして、このたび当ホームページに
新しいジャンル「おかい(甲斐)どく」(笑) を設けました。

今までネット通販では扱っていなかったVGPタイトル数十点。順次アップいたします。
オール1点¥5000 2点で¥8000 3点で¥10000 という実に阿漕な、一昔前の裏ビデオ的(笑)商法。
どれも残少タイトルですので、早いもの勝ちでございます。
興味のある方は是非、ご覧くださいませ~。

♪ひとつ~踊れ~ば~、熱い思いも消えてゆ~く~♪






2017年09月15日

思いっきりの私事で失礼いたしますが、飛蚊症に悩まされております。

今、こうして静かに暮れてゆく西新宿の茜色の秋空を眺めていても、
黒点ないしはミジンコもしくはコレラ菌状(笑)の紐のような異物が、
私の視界の左サイドを中心に、上下左右に右往左往・・・・。

まさに哀しみの Sparks will Fly 状態。
今場所のこの類稀なる惨禍の中にあって、休場したくても
さすがにもう許してもらえないであろう、独りぼっちの可哀想なモンゴル人
ハルマフジ君は、果たしてあと何敗してしまうのか(笑)・・・・? 的状態。

失明の危機さえ感じ、眼科を訪れたところ、網膜には異常ないので
おそらく生理的要因(笑)・・・・要は、トシです。とのありがたい診断。

が、しかし、これ以上のSparks が will Fly するなると、日常生活にも支障を
きたしそうで、オチオチ日馬富士の心配も出来なくなる心配が。。。。。

どなたか、同じような症状にお悩みの貴兄で、何かグッドな裏ワザ的対処法を
御存じの方(例えば、玉ネギをママレモンで煎じて眼球に何度も塗るとよい、とか)
いらっしゃいましたら、是非とも御一報を!

というわけで、本日(ああ、そーいえば今日って元敬老の日でしたよね)も無事に日没。
いよいよDACの新作がリリース・・・・とかなんとか声高に吹聴したいとこでしたが
他所のホームページとかでは、とっくにアップされてるんですね・・・・(苦笑)

なあ~にが、暗くなるまで待って~ だよ。日没もへったくれもねえじゃねえか!
大人しく待ってたハチ公は俺だけじゃねえか!だから目ん玉に蚊が飛ぶんだよ(涙)
またしても 後塵を拝したこの無様。 まったく ’直営店’ が聞いて呆れるぜ(笑)
これじゃあ日馬富士のこと、笑えないよ、まったく・・・・。

とゆうワケで、詳細は他所様のホームページをとくと御覧くださいあそばせ(笑)。

♪ズイブンだぜ、ズイ、ブブンブン! ベイベエ~、ベイベエ!♪

2017年09月14日

巷界隈、始まったばかりのツアーの話題でお賑わいのところ
場違いなお話で大変恐縮なのですが・・・・(笑)

DACレーベルの新作 その名も 「TOURING PARTY VOL.4」
明日の日没と同時にリリースの予定です。

この実に短絡的タイトルから、内容は容易に御察し可能かと存じますが(笑)
とりあえず詳細なインフォとともに、明日アップさせていただきます。

黒のレスポールカスタムを弾くカッコイイ、キース・ジャケ。

窓辺に立てかけて眺めながらキリン秋味なんか飲みたいところ、ですが
秋味って、毎年アッとゆう間に店頭から消えてしまうんですよね~。
秋はいよいよこれからだとゆうのに・・・・「期間限定」 にも程があるだろ、
と嘆いているのは決して私だけではないはず。

もしもこれを御覧になられているストーンズ・フリークの皆様の中に
麒麟ビールにお勤めの方がいらっしゃいましたら
どうか、ひとつ! 御一考を・・・・

それでは明日、夕刻。
液晶画面の世界でお会いしましょう。


2017年08月31日

夏休みも今日で終わりだああああ。
ザマーみやがれ、クソガキども!
とっとと学校行って、おとなしく授業受けてやがれ!
くやしかったら、早く大人になってみろや。

こちとら、宿題も授業もないもんね~。
読書感想文も自由研究も因数分解も三角関数も
微分も積分も保健体育も校歌も父親参観も通信簿も黒板も
ブルマも上履きも日直もへったくれも、な~んにもないもんね~。
オマケにローリング・ストーンズが聴き放題、ときたもんだあ。

大人って、ホントに、サイコー。ああ、大人でよかった~、チクショーめ(涙)

・・・・って、なにやら近年は、夏休みが短くなってるらしいですね。
お盆明けには2学期スタートするとこもザラらしいし・・・・。

「ゆとり教育」の弊害とやらで、授業時間を増やしている?とやら・・・・

あったりまえだろ~が、そんなもん。詰め込め詰め込め詰め込め!
だいたい、今の教室はエアコン完備ってゆうじゃない?
じゃあ、そもそも夏休み自体、必要ねえだろー、っつう話。

さて、ここで問題です。
ピンク・レディーの「キス・イン・ザ・ダーク」と「マンデー・モナリザ・クラブ」は
果たして一体、どちらの方が売れたのでしょうか???

・・・・よし、ようやく陽が暮れてきたな。約束のお時間です。

DAC の新作 「MAD SHADOWS」 二枚組。
たった今、リリースされました(笑)
詳細は長大なインフォメーションを、とくとご覧くださいませ。
沢山の御注文ならびに、クイズの御答え、お待ちいたしております!

♪ユメを私が描くのは~ 特に意味がないから~♪

(陽水です。クレイジー・ラブ。1980年)






2017年08月30日

8月もいよいよ大詰め。
猛暑だったのか冷夏だったのか、よくわからない今年の夏でしたが
もうすぐ2学期だあああ!

DACの新作 その名も 「MAD SHADOWS」 2枚組!

明日、日没と同時に全世界同時リリースいたします。
詳細も明日、日没を待って皆様に御報告。

えっ、明日、雨なの?・・・・・ 日没しないの?(笑)

2017年08月11日

いやあ、JRの車内ニュースの長方形の液晶のディスプレイに
ロニーの写真がドン、と表示されたのを見た時は、一瞬さすがに
ビビリましたけどね~。・・・・・ついに、か?!

まあ肺ガンでしたら、拓郎も桑田ケイスケもキッチリ克服してますしね、
確かウィルコもそうでした?・・・・・アッ、すい臓。失礼。

しかし、どう考えても、酒もタバコもクスリも、生涯摂取率でいったら
明らかにキースよりロニーの方が上でしょうからねえ・・・。
しかもクスリに関しては、粗悪品にも平気で手を出してたらしいし(笑)
それ相応のガタがきてるのは当然なんでしょうなあ。

私は今でも「HANG FIRE」 のプロモのロニーを思い出すたびに、
吹き出してしまいますが、なんにせよ、もうすぐツアーも始まることだし
まだまだ息災で、跳んだりハネたり、時々弾いたり(笑)してもらいたいものです。

そんなロニーが、酒もタバコも粗悪なクスリも 満タン全開でブッ飛ばしている
1978年ツアーの、おなじみレキシントン公演。
DAC の ハンサムガール・シリーズ(何だ、それ?(笑))のしんがりとして
本日めでたく、リリースと相成りました事を、ここに御報告させていただき
わたくしのご挨拶に代えさせていただきます。




2017年07月27日

アンダーカバー関連の驚愕のアウトテイク集が本日緊急入荷しました!
あまりに急な事だったので、私もビックリしました(笑)

詳細は本日夕方、私がバイトをあがってから(笑)報告いたします。

枚数に限りがありますので、お早目に(笑)
って、ブートは本来、いつでもそうなんですよー。
2017年07月23日

ジャガー@リチャーズ、レノン@マッカートニー、ペイジ@プラント、
キャロル・キング、リチャード・カーペンター、バード・バカラック
ベリー・ゴーディ、ジョージ・ガーシュイン、古賀政男、藤山一郎、
筒美京平、森田公一、都倉俊一、吉田拓郎、山下達郎、
矢沢永吉、桑田佳佑、小室哲哉・・・・・

古今東西、大衆音楽の偉大な作曲家は数多おられますが
わたくし、何を隠そうイチバン好きな作曲家は、平尾先生、貴方でした。

特に昭和48年から49年にかけてアグネス・チャンに提供した一連のナンバーが超大好きで、
今でも泥酔するとドーナツ盤を引っ張り出して ターンテーブルに載せ、
アグネスと一緒に唱和(昭和)させていただいております。

遠い昔、私が大学生の時分、バンドでストーンズのコピーなんかやってた頃、
ひょんな事から、当時 「山中湖に新規オープンするイタリアントマト系列のカフェバー」
の、箱バンのオーディションに参加する事になり、
事態もよく把握できないまま、「イタトマ系のカフェバー」の何たるかもよく知らないまま(笑)
六本木かどこかのスタジオにギター担いでいそいそと足を運ぶと、
審査員はなんと、平尾先生、貴方でした。

明らかに場違いな私たちは、それでも先生の前で、恥ずかしげもなく
「リブ・ウィズ・ミー」と「ストレイ・キャット・ブルース」の2曲を見事ヘタクソに演奏し
「若いっていいねえ~」と、ただ一言だけコメントを戴いた事、今でも忘れません(涙)

当然私たちは山中湖に赴く事もなく(笑)先生ともそれっきりでしたが、
先生がその昔、手籠めになされていたであろう、瀬戸の花嫁ルミ子さんも、
その後どうやら いくつもの格子戸をくぐり抜け、年下の色男を手籠めにし(笑)
今ではセルジオ越後の地位さえ脅かさんとするサッカー解説者(笑) 
時代は変わりました・・・・。

今夜は冷酒喰らって、アグネスと熱唱します。
どうぞ、安らかにお休みください。

んで、お問い合わせ多数のDACの1972年モノですが
これは今回の5連荘のシンガリになるとの情報がわたくしの耳に入ってきましたので
まあ・・・つまり・・・・要は・・・・・もうしばらく待っててください、って事です(笑)
具体的な日どり等、新たな情報が入りましたら
またこのコーナーにて御報告させていただきますので
ここはどうかひとつ、いつものように(笑)今しばらくの御辛抱を、お願い申し上げます!


  ♪い~ま 涙を~ 隠して~、風のな~か~♪・・・・・

  独りゆけば、遥かな、私の好きな草原。 さようなら、青春。

人生はひたすらハードになりながら、ただ、続いてゆく・・・・。







2017年07月15日

ガキの頃は「入梅」って教わりました。

あじさいの花が雨に濡れ、カタツムリが大きな葉っぱの上で角を出す様を、
黄色い雨ガッパかなんか来て、ボンヤリ眺めているうち、一学期も大詰め。

短縮授業がうれしく、通信簿が気になり出す頃、
気象庁から「梅雨明け宣言」が発令され、20日はいよいよ終業式。
校長先生の長い訓示さえ終われば、さあ、夏休み!

「瞼にくちづけ~、う~けてるみたいな~♪ウッフ~ン♪」な、夏の日の太陽が
麦わら帽子を白く照らし、少年たちは市営プールへ・・・・・だったのに・・・・

きっとこの国から「梅雨」って、なくなってしまったんですね(笑)

「明ける」ためには「入る」必要があるんですから、これって「梅雨明け」じゃないですよね。
母さん、僕のあの麦わら帽子・・・・・もへったくれもあったモンじゃありません。
こんな日に外に出たら、間違いなく、ボクは死んでしまいます。

そんな時は、ウチから一歩も出ずに、冷たいビールを飲みながら
ローリング・ストーンズを聴くのがイチバン!

とゆうわけで、ようやくDACの新作がリリースされたのでございます(笑)

ああ、よかった(笑)