STONESフリークの皆様のための、STONESしか売ってないお店 です。
ホームDAC2017リリースTHE ROLLING STONES-TOURING PARTY VOL. 4
商品詳細

THE ROLLING STONES-TOURING PARTY VOL. 4[DAC-179]

販売価格: 5,000円 (税込)
[在庫あり]
数量:

THE ROLLING STONES / TOURING PARTY VOL.4 (2CD)



2017年は映画「LADIES & GENTLEMEN」のサウンドトラック盤CDが正式に単品発売され

‘72年のツアー当時から45周年が経過したこともあり、ミック・テイラー在籍時の‘72年USツアー

のリリースを望む声が多々あったようです。当時実際にライブ・アルバム発売を前提として多数の

ショーがプロフェッショナルにレコーディングされ、スタジオでオーバーダブを施して完成の一歩手前

まで行ったもののリリースには至らなかったり(KEEP YOUR MOTOR RUNNIN’関連音源)、様々な

公演地のライブ音源より様々なコンパイルを経てラジオ・ショー番組としてオンエアされたり、さらに

フォートワースとヒューストンでの演奏はフィルム収録され、上記の映画「LADIES & GENTLEMEN」

として同地でのベスト・テイクが公開され、需要に対するある程度の供給はオフィシャル側からも

されていました。しかしながら結局計画されたライブ・アルバムは未発売、フィラデルフィアでの

ラジオ・ショー音源もブリュッセル73のようにはCD発売されず、映画「LADIES & GENTLEMEN」も

DVD/Blu-Ray再発に関して音声のリミックス、レストア等も特には行われず、ギター、ボーカルに

多数のオーバーダブ痕が認められる雑な状態の音声での再発となってしまいました。他の年代の

アーカイブ商品と比較するとどうも‘72年USツアーに関しては、残されている素材の制約等もある

のでしょうが制作側の愛情が感じられず、ストーンズ本人たちがあまり本ツアー音源に興味が無い

のではないかと感じさせられるフシが多々あります。前置きが長くなりましたが本作はその‘72年

USツアーよりサウンド・ボード収録されたフォートワースとピッツバーグでの2つのショーを収めて

います。どちらの公演も過去にVGPレーベルよりリリースされていたものです。ディスク1は6月

24日のフォートワース公演夜の部からの収録です。映画の収録も兼ねてマルチトラック録音

されていた公演で綺麗に左右にギターが分離した良質なステレオ音源です。映画ではビッチ、

バンド・イントロ、リップ・ジス・ジョイントの3テイクが本公演より採用されました。まだツアー前期の

録音ですので、フィラデルフィアやニューヨークでのハチ切れたような勢いの演奏ではありませんが、

曲間で神経質なくらいチューニングに没頭するテイラーとキースのギター音からも確認出来るように、

バンドは明らかにライブ収録を意識した丁寧なプレイを心掛けているようです。5曲目にイレギュラーに

チャック・ベリーのカバー曲「DON’T LIE TO ME」が演奏されたため通常とはやや異なるセット順

となっています。本音源は90年代後半にBOSS HAWGというCD-Rレーベルによって突如

登場し、VGPの「FORT WORTH EXPRESS」をはじめとする当時登場したプレスCD盤は全て

この音源を使用していました。やがてプレスCDでのリリースが一段落するとやはり個人のCD-R

レーベル、コースト・トゥ・コーストから新マスターと銘打って同じ音源が出回りました。実際には

BOSS HAWGが発掘した同音源にヒス処理等のリマスタリングを施したもので、既発よりヒス成分が

抑えられていたため、当時トップセラーとなっていたVGPの「FORT WORTH EXPRESS」よりも

音が良いと海外サイトで大々的に宣伝されておりました。元々このフォートワース・セコンド・ショー

の音質はフィラデルフィア・スペシャルのような高域強調のシャリッとした音質でなく、どちらかと

いうと低音の響きの良いマイルドな質感のサウンド・ボードであり、所謂TSPなどのCDの質感とは

趣を異にするものです。それでもVGPの「FORT WORTH EXPRESS」リリース当時はフィラスペ音源

と同等のクオリティにということでかなり高音寄りのEQが施されました。今回のリリースでは

コースト・トゥ・コースト版を基としておりますので、既発のVGP盤とはかなり印象の異なった

音像となっています。VGP版のシャキッとした音がお好みであったり、VGP盤で入手したいという

方のリクエストが多いようであれば「FORT WORTH EXPRESS」の再販も可能かも知れません。

現在ネット経由で入手できるコースト版の音源や、そこから起こされたプレスCDはジャンピング・

ジャック・フラッシュ以降の2曲の左チャンネルでリッピング・ノイズが多発しておりますが、

本盤は版元のオリジナル配布時のマスターを使用しておりますので最初から最後までデジノイズ

無しで安心してお楽しみいただけます。



ディスク2の7月22日のピッツバーグ公演はやはりVGPより「PITTSBURGH 1972」→

「THE ROYAL DRAGON」とグレードアップをしてきたレーベル・オリジナル音源であります。

この音源はディスク1のフォートワースとは異なり、ライブ会場でのミキシング・デスク直結の

ステレオ・サウンドボード音源です。一発録りのライブ・ミキシングですから、後日スタジオで

ミックス・ダウンされたフォートワースよりも緊張感がみなぎっています。

千秋楽のニューヨークMSG4公演のひとつ前の公演地でもあるせいか、演奏もミックのボーカルも

キレッキレッです。(笑) ひとつあとのツアーであるウインターツアー73のように、キースとテイラーの

ギターが左右にパンしまくっていることからも72〜73年と同じ音響スタッフが会場でのPAを担当していた

ことが分かります。本ディスクに使用したマスターは数年前にやはりファン・メイドでVGPの

「THE ROYAL DRAGON」からコピーしてややコモリ気味であった高域部を目いっぱいイコライジングで

上げまくり、強力なノイズ・リダクションをかませてミックのボーカルに深くリバーブをかけて作り上げた

DSPミックスなるもので、所謂本物のアップグレードとは言えません。しかしこのファン・メイドのDSP

ミックスなる音源よりプレス盤がリリースされると、VGP既発より良いというような書き込みがあちらこちら

に流布されるに至り、どうせならいっそのこと逆ブートしてしまうのも面白いのではとのリクエストもあり、

本セットのディスク2に組み込まれることとなりました。原本ではテープチェンジのためか「SWEET VIRGINIA」、

「STREET FIGHTING MAN」で別公演からの補填が為されておりますが、これはそのまま残してあります。

また原本での耳に痛いほどの過度なイコライジングも常識範囲内でのレベルに戻し、これでもかと

音圧を上げまくったピーク値MAXで波形真っ黒けのオーバーレベルでビリビリと歪みまくりの音声も、

いったんデジタル上でレベル下げをしてから丁寧なスムージングで歪みの無い良好な状態に戻しました。

演奏自体はミック・テイラー最盛期の向かうところ敵なしの強力なメンバー、ラインナップで、聴く者を

45年前のロックのメインストリームへと誘います。



DISC-1

TARRANT COUNTY CONVENTION CENTER,

FORT WORTH, TEXAS, JUNE 24, 1972 (2nd show)

1 BROWN SUGAR

2 BITCH

3 ROCKS OFF

4 GIMME SHELTER

5 DON'T LIE TO ME

6 LOVE IN VAIN

7 SWEET VIRGINIA

8 YOU CAN'T ALWAYS GET WHAT YOU WANT

9 TUMBLING DICE

10 MIDNIGHT RAMBLER

11 BAND INTRODUCTION

12 BYE BYE JOHNNY

13 RIP THIS JOINT

14 JUMPING JACK FLASH

15 STREET FIGHTING MAN



DISC-2

CIVIC CENTER ARENA, PITTSBURGH,

PENNSYLVANIA, JULY 22, 1972

1 BROWN SUGAR

2 BITCH

3 ROCKS OFF

4 GIMME SHELTER

5 HAPPY

6 TUMBLING DICE

7 LOVE IN VAIN

8 SWEET VIRGINA

9 YOU CAN'T ALWAYS GET WHAT YOU WANT

10 ALL DOWN THE LINE

11 MIDNIGHT RAMBLER

12 BAND INTRODUCTIONS

13 BYE BYE JOHNNY

14 RIP THIS JOINT

15 JUMPING JACK FLASH

16 STREET FIGHTING MAN