STONESフリークの皆様のための、STONESしか売ってないお店 です。
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:22
2017年08月11日

いやあ、JRの車内ニュースの長方形の液晶のディスプレイに
ロニーの写真がドン、と表示されたのを見た時は、一瞬さすがに
ビビリましたけどね~。・・・・・ついに、か?!

まあ肺ガンでしたら、拓郎も桑田ケイスケもキッチリ克服してますしね、
確かウィルコもそうでした?・・・・・アッ、すい臓。失礼。

しかし、どう考えても、酒もタバコもクスリも、生涯摂取率でいったら
明らかにキースよりロニーの方が上でしょうからねえ・・・。
しかもクスリに関しては、粗悪品にも平気で手を出してたらしいし(笑)
それ相応のガタがきてるのは当然なんでしょうなあ。

私は今でも「HANG FIRE」 のプロモのロニーを思い出すたびに、
吹き出してしまいますが、なんにせよ、もうすぐツアーも始まることだし
まだまだ息災で、跳んだりハネたり、時々弾いたり(笑)してもらいたいものです。

そんなロニーが、酒もタバコも粗悪なクスリも 満タン全開でブッ飛ばしている
1978年ツアーの、おなじみレキシントン公演。
DAC の ハンサムガール・シリーズ(何だ、それ?(笑))のしんがりとして
本日めでたく、リリースと相成りました事を、ここに御報告させていただき
わたくしのご挨拶に代えさせていただきます。




2017年07月27日

アンダーカバー関連の驚愕のアウトテイク集が本日緊急入荷しました!
あまりに急な事だったので、私もビックリしました(笑)

詳細は本日夕方、私がバイトをあがってから(笑)報告いたします。

枚数に限りがありますので、お早目に(笑)
って、ブートは本来、いつでもそうなんですよー。
2017年07月23日

ジャガー@リチャーズ、レノン@マッカートニー、ペイジ@プラント、
キャロル・キング、リチャード・カーペンター、バード・バカラック
ベリー・ゴーディ、ジョージ・ガーシュイン、古賀政男、藤山一郎、
筒美京平、森田公一、都倉俊一、吉田拓郎、山下達郎、
矢沢永吉、桑田佳佑、小室哲哉・・・・・

古今東西、大衆音楽の偉大な作曲家は数多おられますが
わたくし、何を隠そうイチバン好きな作曲家は、平尾先生、貴方でした。

特に昭和48年から49年にかけてアグネス・チャンに提供した一連のナンバーが超大好きで、
今でも泥酔するとドーナツ盤を引っ張り出して ターンテーブルに載せ、
アグネスと一緒に唱和(昭和)させていただいております。

遠い昔、私が大学生の時分、バンドでストーンズのコピーなんかやってた頃、
ひょんな事から、当時 「山中湖に新規オープンするイタリアントマト系列のカフェバー」
の、箱バンのオーディションに参加する事になり、
事態もよく把握できないまま、「イタトマ系のカフェバー」の何たるかもよく知らないまま(笑)
六本木かどこかのスタジオにギター担いでいそいそと足を運ぶと、
審査員はなんと、平尾先生、貴方でした。

明らかに場違いな私たちは、それでも先生の前で、恥ずかしげもなく
「リブ・ウィズ・ミー」と「ストレイ・キャット・ブルース」の2曲を見事ヘタクソに演奏し
「若いっていいねえ~」と、ただ一言だけコメントを戴いた事、今でも忘れません(涙)

当然私たちは山中湖に赴く事もなく(笑)先生ともそれっきりでしたが、
先生がその昔、手籠めになされていたであろう、瀬戸の花嫁ルミ子さんも、
その後どうやら いくつもの格子戸をくぐり抜け、年下の色男を手籠めにし(笑)
今ではセルジオ越後の地位さえ脅かさんとするサッカー解説者(笑) 
時代は変わりました・・・・。

今夜は冷酒喰らって、アグネスと熱唱します。
どうぞ、安らかにお休みください。

んで、お問い合わせ多数のDACの1972年モノですが
これは今回の5連荘のシンガリになるとの情報がわたくしの耳に入ってきましたので
まあ・・・つまり・・・・要は・・・・・もうしばらく待っててください、って事です(笑)
具体的な日どり等、新たな情報が入りましたら
またこのコーナーにて御報告させていただきますので
ここはどうかひとつ、いつものように(笑)今しばらくの御辛抱を、お願い申し上げます!


  ♪い~ま 涙を~ 隠して~、風のな~か~♪・・・・・

  独りゆけば、遥かな、私の好きな草原。 さようなら、青春。

人生はひたすらハードになりながら、ただ、続いてゆく・・・・。







2017年07月15日

ガキの頃は「入梅」って教わりました。

あじさいの花が雨に濡れ、カタツムリが大きな葉っぱの上で角を出す様を、
黄色い雨ガッパかなんか来て、ボンヤリ眺めているうち、一学期も大詰め。

短縮授業がうれしく、通信簿が気になり出す頃、
気象庁から「梅雨明け宣言」が発令され、20日はいよいよ終業式。
校長先生の長い訓示さえ終われば、さあ、夏休み!

「瞼にくちづけ~、う~けてるみたいな~♪ウッフ~ン♪」な、夏の日の太陽が
麦わら帽子を白く照らし、少年たちは市営プールへ・・・・・だったのに・・・・

きっとこの国から「梅雨」って、なくなってしまったんですね(笑)

「明ける」ためには「入る」必要があるんですから、これって「梅雨明け」じゃないですよね。
母さん、僕のあの麦わら帽子・・・・・もへったくれもあったモンじゃありません。
こんな日に外に出たら、間違いなく、ボクは死んでしまいます。

そんな時は、ウチから一歩も出ずに、冷たいビールを飲みながら
ローリング・ストーンズを聴くのがイチバン!

とゆうわけで、ようやくDACの新作がリリースされたのでございます(笑)

ああ、よかった(笑)





2017年06月10日
「店長日記」・・・・・・・・・

相変わらず書くことが何もねえええええ・・・・。
夏になっちまうよおおおおお・・・・と、嘆いていたフライデーナイト。

御来店くださったひとりのお客様より
「ブライアン・ジョーンズの白眉のプレイが堪能できるタイトルは
どれですか?」
との御質問を受け、困惑・思案しておりましたところ
ちょうど偶然、かの原教授が店のロビーを通りかかったので
話をふらせていただいたところ
「そりゃあ、もう、Still I'm Gonna Miss You で決まりでしょう」
との即答・御回答。

わたくし、恥ずかしながら、この店の番台に10年以上も座っておりながら
件のタイトルを一度も聴いた事がなく、ブライアン期の音の悪いライブのひとつ、
くらいにしか思っておらず、勝手に軽視しておったのですが
試聴してビックリ。素晴らしい音質で66~67年の演奏が堪能できる
まさに白眉の逸品だったのですね。
ブライアンがオルガンを弾いているLet's Spend the Night Together なんてもう
貴重すぎる涙の連絡船。

お客様も大満足でお持ち帰りになり、原教授には御礼にロビーのソファで
大麦のカクテルを御馳走。

いやあ~、今までまったくレコメンしてこなかった事を大いに反省。

このタイトル、もう残り僅かなので、未聴の方は是非、お早目の御入手を!

2017年04月12日

堕ちた天使が天上へと昇り、氷上の天使が遂に銀盤を降りた四月。
風に舞い散る桜花が、これまた美しいニッポンの春。

どなたかの訃報に便乗でもしないと、特に何かを書くキッカケがないという(笑)
実に情けない この「店長日記」とやらですが・・・・

J・ガイルス。大好きでした。
最近は店でピーターウルフのソロばっかりかけていましたが
よりによってボスの方が・・・・。
1980年、伝説の来日公演、初めて見た外タレでした。
「キヨシローって、ピーターウルフの真似なんだなあ・・・」
ライブの半分位がアンコールという、実に判りやすい・・・っつうかウソくさい(笑)
アメリカンなサービスも、16才の少年にはピュアな衝撃。

そして浅田さん。貴方は本当にパンクな侍でした。
もしもこのブログ?(笑)を御覧になったら、是非一度、当店に足を運んでみて下さい。
新宿駅西口徒歩5分、一階がセブンイレヴンのビルの8階です。
貴方の興味をそそるようなブツは、おそらく何一つない、とは思いますが(笑)
おじさんは貴方のトリプルアクセルに、いつもロックンロールを感じていましたよ。

そして葉山さん。貴方の事はあまり存じ上げておりませんが
確かその昔、NHKの「歌はともだち」の御司会をなされておられたような・・・・。
「南国土佐をあとにして」から「学生時代」まで、実にレンジの広い芸風で
昭和という時代を「唄」でいっぱいにしてくれたのですね。
そして貴方のダンナ様も、「帰ってきたウルトラマン」に於いては
MATの鬼隊長として、郷秀樹の優柔不断を(笑)よく叱り飛ばしていましたっけね・・・・。

そしてDACの新譜なんですが、
今言えることは、ただひとつ。

1972のピッツバーグとフォートワースは、二枚組のカップリングとして
リリースされる運びでございます、という事で御座います。
現在、得意の鋭意制作中、ですので
どうかどうか、今しばらくのお待ちをーーーー!

Sometimes It Snows In April・・・・ 時々、四月にも雪が降る。

♪夢多かりし あの頃の 想い出をた~どれ~ば~♪



2017年03月03日

嗚呼、ムッシュ。今度は貴方でしたか・・・・・。

当方、スライダーズはよく存じておりますが、スパイダースには
特に思い入れも想い出もございません・・・が、しかし、ガキの頃
「我が良き友よ」は大好きでした。

ニッポン放送の「ニューミュージック・ベストテン」もよく聴いてました。

「チカラずくさ、と言いながら女郎屋通いを自慢する~」 の意味が
全然わからなくて
「おかあさん、女郎屋ってなあに?」と尋ね、顔面を殴打されたのも
今では懐かしい思い出・・・母のビンタも今は昔。

あ~ああ~、夢よ良き友よ、時の流れを恨むじゃないぞ・・・。

そして、ハイ。72年のピッツバーグですよね。
お問い合わせ多数ですが、DACでもやります。

ネットに上がってた音は随分と見事に処理されていたようですが
こちらはガチガチのマスターからキチンと作り直しするそうです。
年内には確実にリリースの運びですから(笑)
ちょっと待ってて下さいね。

夢を抱えて 旅でもしないか あの頃へ~♪


2017年02月17日

ああああ・・・母さん、あれはもう、40年も前の事なんですね。
(アッ、正確には39年。なんせ皆さん、そーゆーのにウルサイもんね~(笑))

この季節になると思い出します。
私は小学校の卒業を目前にひかえた、童貞で秀才の(笑)少年でした。
「微笑がえし」 は確か、39年前の来週の発売だったと思います。
ザベテンで、当時無敵のジュリーの「サムライ」抜いて、
初の一等賞に輝いた三人娘もいまや、ふたり・・・・。

しかし、我らがストーンズは未だ4・・・5?人プラス1人?・・・って
表現に窮するほどの(笑)いちいち御立派な御健在ぶり。GREAT.。
死なず、でナンボ。学びます。つづけてナンボ。学びます。

DACからも、また新作出ました。しぶとくやりまっせ。
罵詈雑言、冷徹御批評、VXガスも大川隆法も大歓迎。

♪ホコリの渦を躍らせてま~す♪


     
         
2017年01月29日

お客様各位どの

いつもお世話になっております。
DOG n CAT RECORDS の CAT課よりのお知らせです。

仔猫の里親を探しております。

当店の元店長さんの御実家の裏山の竹藪の中から(笑)
発掘された、推定生後4か月程度の超カワイイ女の子です。

おすすめ商品のコーナーに写真をアップしてあります。

興味をもたれた方は御覧のうえ、御一考願います。

我こそは、と思われた方がいらっしゃいましたら
どうかこのホームページの お問い合わせ欄よりメールいただくか
直接お電話にて御連絡ください。

03-3371-1810
DOG n CAT RECORDS
CAT課主任 フジモトまで

どうぞよろしくお願いいたします。


2017年01月27日

時は昭和末期、処は米国南部。
巷界隈 パンクだ ディスコだ ゴダイゴだ、とやたら騒々しい
群雄割拠の戦国時代にあって、東の正横綱として君臨していた
我等が 転石山。

やたら口ばかり達者で生意気な新入幕の若造どもの台頭など
モノともせず、上手だ !下手だ ! と投げまくり
クスリだ ! 逮捕だ ! 裁判だ ! と・・・・まあ、風情としてはかなり
解雇直前の朝青龍あたりを彷彿とさせる(笑)78年当時の土俵姿。

ロックンロール・メンフィス場所の熱戦の模様を
向正面の舞の海なんぞのトンチキ野郎の解説、御託等
一切不要・御無用の独占実況中継録音(笑)にて
お茶の間へお届けいたします!

あまりの熱狂に 座ブトンをお投げにならないよう
お願いいたします!



2016年12月31日

謹賀新年。keep on Rollin' 。
本年もよろしくお願い申し上げます。

DACレーベル、新年の第一弾は得意技のブライアン期。
TV出演時のライブ音源をズラリと集めた
ヴォリュームたっぷり、入魂のコンピです。

明後日6日の入荷になります。

御予約(笑)&ご注文、お待ちいたしております!




2016年12月22日

本日無事入荷いたしました。
御注文お待ちしております。
2016年12月10日

‘旅のラクダがゆきました~♪‘ でお馴染みの‘月の砂漠‘ですが
その砂漠の所在地である千葉県外房は御宿の隣町のド田舎で生まれ育った私は
そこがロマンチックな’砂漠’でもなんでもない、ただの超どうでもいい
荒れ果てたさびしい砂浜で、そこにポツンとラクダの石像のようなものが立っていて、
潮風にさらされて茫然と錆びついているだけの、およそロマンやらペーソスやらとは縁遠い
不毛このうえない場所である事を、ガキの頃からよく存じております。

その昔、過剰な期待を抱いて彼の地を訪れたカップルの皆さんは
きっと怒りに震え、あきれてものも~言えな~い、を二人で仲良く唄ったことでしょう。

大層・大仰な謳い文句に誘われ、いざ蓋を開けてみたらガックリ・・・・
まるで話が違うじゃん! カネ返せ! 的な経験は、特にブート愛好家の皆様には
「あるある」どころの騒ぎではないこと、心中お察しいたします。

でも、DAC の 「デザート・トリップ」 は大丈夫。
北米大陸の砂漠を悠然と転がるストーンズの勇姿を
ナンバーワンの音質でお手元にお届け。
「BLUE&LONESOME」 の箸休めにはうってつけ(笑)
安心して御注文ください!






2016年11月11日

りりィさんに関しては、1978年の一学期後半、我らがストーンズがアナハイムあたりでブイブイいわせてた頃、
TBS系で放送されていた「人間の証明」のTV版の主題歌だった「さわがしい楽園」 という曲が大好きで、
当時シングル盤を購入し&愛聴し、つい先日も自宅で泥酔した挙句、色褪せたドーナツ盤を引っ張り出して、
彼女の歌に合わせて大声で熱唱して、お隣りからキツク苦情をいただいたばかりだったので、ちょっとビックリ。

’私は泣いています、ベッドのう~えで~’、の頃、わたくしは、まだ布団で寝ている小学三年生だったので
あの強烈なハスキー・ヴォイスと、’女性がベッドの上で泣いている・・・’という実に淫靡な未知の情景に想いを馳せ
無性に勃起していた事などを、思い出さずにはおられません。

そして、りりィさんの息子というのが、ドリカムの女のダンナだったなんて・・・・とゆうより、
ドリカムの女のダンナがりりィさんの息子だったなんて・・・・
世の中、まだまだ知らない事だらけなんだなあ・・・・・と、己の無知に嘆息しきりな氷雨の今日、

「DACのデザートトリップって、4枚組の二日間パッケージなの?」
とのお問い合わせが多いのですが、違います。

2枚組で、2タイトルで、別々にリリースの予定です。
お値段は各¥4500。 笑って許して~。 以上です(笑)
2016年10月31日

今はもう秋 誰もいない海
知らん顔して 人が行き過ぎても
私は忘れない 海に約束したから
ツラくとも 辛くとも 死にはしない と・・・・って 

当たり前だろっ そんなもん!
夏は去りゆくもの。恋は終わるもの。仕事はイヤなもの。トワ・エ・モアはフランス語。
Time Waits For No One は これまさに 万人の宿命。
ブートでも聴いて 元気を出しんしゃい!

山口洋子さんなら私はやっぱり「夜空」がいいですなあ。
五木節がグッと秋を深めますよね~。あのコォ~・・・・

さて日本シリーズも終わり、いよいよ年末の匂いさえ漂い始めるハロウィーンな今日。
やっとこの店長日記とやらを更新出来る日がやってきました(涙)

DAC の新作ゴレンジャー、年内に入荷予定です。 
おっと、来年内、じゃないですよ (笑) 今年内!2016年内 ね !
超高音質・入魂の「DESERT TRIP 2 DAYS」 を含む 5タイトルを現在、お得意の‘鋭意制作中‘

詳細判り次第、このページにて御報告させていただきますので
乞う ご期待!






2016年09月14日

「麦わら帽子は、もう消えた~、田んぼのカエルも~♪」・・・ と、全国の少年少女たちの
楽しい夏休みも厳かに終わりを告げた 昭和48年の9月の1日。 今日から2学期!な日。

当時この私も、真っ黒に日焼けした街中のガキどもの一人として
絵日記と夏休み帳を抱えて 久しぶりの教室へと向かっていた、まさに、ちょうどその頃・・・

はるか海の向こう ヨーロッパ大陸の地において
かくも いかがわしい催しモノが行われていようとは露とも知らず・・・
知らぬが仏、知れば最後・・・のローリング地獄。 嗚呼、こんな大人になろうとは・・・(笑)

ストーンズ・ブートファンの皆様にも特に人気の高い 73年の欧州ツアー。
WADAもロシアもタジタジの、無頼ドーピング軍団の驚異の怪進撃は
クラシック音楽の都、オーストリアはウィーンにて幕を開けたのでした。

ツアー初日から炸裂するこの異様なテンションを、実に高音質な録音で克明に捉えた超貴重なドキュメント。
クローズアップ前時代。 BPO は黙ってろ。やらせ・サクラ等一切無しの無礼講。
史上最高音質の決定版にて、とくとご堪能あれ。
2016年09月10日
カープファンの皆様、このたびは、誠におめでとうございます。

四半世紀におよぶ waiting on a flag (旗を待つ)・・・大変 御苦労さまでした!

わたくしも4年程前、はじめてマツダスタジアムに野球観戦に訪れまして、その節、

ママチャリの前と後ろに強引に赤ヘルを被らせた幼子を載せて(笑)駐車場に乗り付け

そのままスタジアムに突入する超地元のおかあさんたちのチャリンコで

「球場駐車場」が「球場駐輪場」 と化す様を目の当たりにし、愕然としたものです・・・。

「この世は金さ~」 なのか、はたまた 「金もうけのために生まれたんじゃないんだぜ~」 なのか・・・・?

それはまずクロダに聞いてみて、その後ミックジャガーにも聞いてみて、考えますか(笑)



DACの新作 73年ヨーロッパ初日ウイーン は 来週木曜日の入荷予定です。

お問い合わせ多数の「ハンサムガールズシリーズ」(笑)の続き、

メンフィスとレキシントンは しばしのインターバルののち、です!

しばしの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(笑)







2016年09月03日

DACレーベル の新作は、アルコール度高めのキリン秋味テイストな

「BRIAN JONES MEMORIAL ALBUM」

でございます。

本日入荷、音質安全、携帯至便、温故知新、故人思偲、残暑快適、な2CDセット。

御注文お待ちいたしております。





2016年08月18日
ピンポーン。

シンガポールだのベトナムだのは、まあ千歩譲って有り、としましょう。
猫ひろしのカンボジアも もはや笑って許して頑張って。

しかし。ドイツ・・・。ピンポン女子団体。
選手もコーチもチャイニーズだらけ。
果たしてアレを 敢えて 「ドイツ」 と言う?・・・言うのか???(笑)
敗戦国のプライドはどうしたの? EUのボス猿様よ・・・
ホイホイ受け入れるのは難民だけにしましょうや(笑)

そんな中、純生JAPANのラン・スー・ミキ。御立派。GREAT !

そんな中、DACの新作は1978年7月19日
元敵国の超ビッグカントリー、テキサス州はヒューストンにて
ドーピング・ロックの始祖にして現役バリバリの王者が放つ
問答無用・尿検査不要のロックンロール一本背負い自由形。

ギターフレットのひとつやふたつ、ズレていようがいまいが
フォールしちまえば俺様の勝ち、的なリアル・パンクの超重量級。
霊長類最強は果たして、吉田なのか、ストーンズなのか???

そんな 「HANDSOME GIRLS HOUSTON」 です。
前作と紛らわしくて、本当に申し訳ございません(笑)

さあ、今夜もいくか、ゴールドラッシュ!
EVERYTHING IS TURNING TO GOLD !
TIME IS ON YOUR SIDE !
ONE HIT TO THE BODY !

LET'S DRINK TO THE HARD WORKING PEOPLE !





2016年08月17日

DACレーベルの新作

「HANDSOME GIRLS HOUSTON」

1978年 白眉の演奏を繰り広げたヒューストン公演全長版

明日リリースです。詳細も明日お知らせいたします。